本文へ移動
学校法人有浦学園
〒857-0040
長崎県佐世保市比良町20-7
TEL.0956-22-9084
0
5
1
8
1
2

さつき子ども日誌

さつき子ども日誌

子ども日誌の更新が1か月程止まってしまって申し訳ありませんでした。
私事でしたので発表するようなことでもないと思っていたのですが、結構な人にご心配をおかけしてしまいました。
実は6月頭から体調を崩し、入院やら自宅療養やらで20日程お休みをいただいていました。
園では楽しそうな遊びやイベントがたくさん続いている中、ずっとモヤモヤしていたのですが、ようやく復活できました!
子どもたちの姿をたくさんお伝えできるように、改めて「子ども日誌」頑張っていきますのでよろしくお願いします。
私の体調の事でご迷惑をおかけして申し訳ありません。また、心配してお声をかけて頂きありがとうございました。
感謝を力に変えてがんばります!!
 
副園長 国府田
RSS(別ウィンドウで開きます) 

七夕

2020-07-06
1か月ぶりくらいの更新になってしまいました…。
水遊びとか、絵の具とか、田植えとか…お伝えしたいことはたくさんあったのですが、申し訳ありません。
また改めて更新がんばります!!
7月誕生会の出し物で、毎年、園長先生監修の影絵劇を子どもたちに見せています。
園長先生のお話はオリジナリティー強めなので、七夕についてのお話をしてから…。
プラネタリウムに行った年長さんから「知っとる!」「この前見たよ!」!という声が上がっていました。
裏側はこんな感じです。
動かす役と声を入れる役に分かれて、子どもたちに楽しんでもらうために頑張ってましたよ!
影絵だといつもの紙芝居や劇とは雰囲気も違います。
演じたり話したりする先生の顔も見えません。
雰囲気に引きこまれていきながら、笑ったり、じーっと集中して楽しんでいる子どもたちでした。

雨を待ち遠しく思う

2020-06-03
もう少しで梅雨入りでしょうか。
雨の季節は大人にとってはあまり嬉しくない側面が多いように思いますが、子どもたちはどう感じているのでしょうか。
でもこの日ばかりは大人も雨が降るのを待ち遠しく思っていました。
理由は雨の中でも遊びたい!と、ビニールの屋根を準備していたからです。
子どもたちと雨を感じられる体験がしたくて、雨を毎日待っていました。
音、形、冷たさ、濡れる感触。
身体で感じられる”雨”を次々と言葉にする子どもたちの発想の豊かさに驚かされました。
「まるかな?棒みたいにもなるね」
「スライムみたい」
「ぽつぽつ音がする!」
「ピタゴラスイッチだ!(?)」
子どもの発想についていくのがやっとの先生たちでした。

隠れ家的面白さ

2020-06-03
遊具の中には外から見えづらい作りになっている「隠れ家」的なところがいくつもあります。
いつも誰かしらが入っていて、探検したり、ままごとをしたり、かくれんぼをしたりと遊びの拠点になっています。
 
 
空間が区切られていて、狭くて、薄暗くて・・・というだけでちょっとワクワクします。
子どもたちにとっては自分たちだけの場所。秘密基地?
のぞき込むと「先生見らんでよ!」「きゃー!!」と嬉しそう?に大騒ぎしていました。
近年、園庭の環境について話し合う場が設けられ、遊び込むことのできる園庭についての考え方が変わってきています。
小学校の校庭の様な(さつきも)園庭というところがまだまだ多いですが、「運動するため」という考え方から「遊び込むため」と変化してきている中で、子どもたちが自分で工夫して環境構成を面白がれたり、今回の隠れ家の様な拠点になるような場所も必要なんだなと改めて感じました。
 
年少さんや満3歳児さんなどまだ不安な気持ちも見られる子たちにもワクワクする冒険遊びは大人気です!

かわいい瞬間

2020-05-29
この日はひばり組が砂場で思いっきり遊ぶぞー!!ということで、覗きに行ってみました。
山を作ってトンネルをつなげたり、穴に水をためて温泉ごっこをしたりとすごく楽しそうでした!!
 
 
カメラを構えていると素敵な瞬間を切り取りたくなります。
今回は個人的に可愛いなぁと思った瞬間をご紹介!
 
いつものすべり台もみんなで滑るとこの笑顔!
こういう瞬間に立ち会えるのは本当に幸せですね。
藤の花になる豆。みんなはピーピー豆と呼んでいます。
年長にもなると木をよじ登ったりして取っているのですが、年少にはまだ登れません。
「先生あれ!」「いやあっち!」「大きいやつ!」と、ちょっとした大きさや形にこだわって一生懸命教えようとしているのが可愛らしかったです。
温泉のために卵パックに汲んできた水。
少ししか入らないパックに水をちょこっとだけ入れて一生懸命何度も運んでいるだけでも可愛いのに…
すべり台で楽しそうに滑っている友達を見つけてついついよそ見。
ちょろちょろちょろ・・・と水はこぼれて無くなってしまったことに気づいたのは温泉についてから。
「あれ?」という顔をしてパックの隅々まで水を探す姿に、こちらはニヤニヤが止まりませんでした。
 
少し前からこの子ども日誌や園での貼り出しなど、写真を有効活用して保護者の皆様にもっと園での子どもたちの様子をお伝えできるようにと工夫を始めました。
自粛が明けてからクラスだよりも写真を全学年で使っていきながら、より分かりやすく、保育の内容を見て頂きたいと思っています。
クラスだよりについても感想など頂けたら嬉しいです!

牛さん160頭と触れ合ってきました!

2020-05-27
今年で3回目の牛舎見学。
後援会長の迎さんに、こんな社会の状況の中でしたがお世話をしていただきました。
先日来たばかりという小さい(牛としては小さい)牛さんもたくさんいて、餌やり体験をさせてもらいました!
最初は恐る恐るだった子どもたちも少しずつ慣れてきて、餌をあげながらじっくり観察しているようでした。
「ベロ長い…」
「歯が人間みたい」と、それぞれ発見も。
餌の中にトウモロコシを見つけて、迎さんに手伝ってもらって直接手であげるツワモノも。
最後の質問タイムで160頭も牛がいることを聞いて、それが一番の驚きだったようです。
 
帰りは浦頭引上公園でお弁当を食べてきました。
牛さんのキャラ弁を作ってくれたお母さんもいて、みんな嬉しそうに食べていました。
新型コロナウイルスと共に始まった新年度ですが、工夫しながら楽しいことも企画していきたいなと思っています。
TOPへ戻る