本文へ移動
学校法人有浦学園
〒857-0040
長崎県佐世保市比良町20-7
TEL.0956-22-9084
1
0
0
6
5
6

さつき子ども日誌

さつき子ども日誌

発表会の練習も活気づいてきている中、さつまいも堀りとみかん狩りを楽しみに、秋の遠足に出かけています!
園内のイチョウの木もきれいに色づき、秋を全身で感じられる季節になりました。

子どもたちが「おっ!?」と興味がわく瞬間を見逃さないように過ごしていきたいです。


RSS(別ウィンドウで開きます) 

ダメって言うのやめてみました。

2018-10-23
ダメ!という言葉を使うのをやめてみました。
とは言ってもほんの一時間くらいなのですが…
 
今日は雨だったので、園庭で遊べず。
ホールに数人の子が来て
「遊んでいい?」と聞くので、
「いいよ~」と電気をつけました。
 
「いぇ~い!!」
「よっしゃーー!」と走り回る子どもたち。
人数も増えてきたので「走るのダメー!危ないよ!」と言いかけてやめました。
なんとなく自分の中で違和感を感じたので…
ホールって運動遊びもしていいよね…。
今日はなおさら雨で外出れないし。
そもそも本当に危ないか?
 
そんなことを考えていてもまとまらなかったので、
「今は子どもにダメって言わない!!」と勝手に決めました。
それで見えてくるものもあるかな…と。
 
最初はこちらをチラチラ見ながら
「やっていいの?」といった表情をしていた子たちも、
私が何も言わないので少しずつ色々なところに手を出していきます。
 
重ねてある段ボールに乗ったり、
奥にしまってあったボールを引っ張り出し、
思い切り投げたり、ボールプールのようにしたり。
立ててロープで固定してあるマットをよじ登り・・・
 
いやいや、めちゃめちゃ楽しそうです。
 
こっちはドキドキしながら、
「ダメ!」という言葉を何度かみ殺したか。
 
何でもやっていいよ!も、違うと思います。
でも大人の感覚で、
危ないから、よくないことだから、一般常識的に…
と、禁止してしまっていることがあります。
 
今日子どもたちはすごく楽しそうでした。
「痛い!」「危ない!」となっても、
自分たちで解決しようとしていました。
大人も「〇〇だから~はだめ」と決めつけないで、
子どもたちの姿に向き合って、悩んで考えてみるべきだなと感じました。
 
いつもはなかなかできないんですけどね…。

やってみたい!が、子どもの夢

2018-10-22
運動会やらでなかなかどっぷりできていなかった泥んこ遊び。
とは言ってもどろどろになって遊ぶというよりも、
最近は泥団子作りがブームのようです。
(まぁ結局どろどろなのですが…洗濯ありがとうございます!)
 
プールの横は春に芋さしをした時にもらってきた畑の土。
粘土質な泥なので触感も気持ちよくて、
手を突っ込んでいる間に泥団子作りに発展していきました。
 
年少さん、年中さんは何個も作ったり、
ムニュムニュする感触を楽しみながら粘土のように楽しんでいます。
年長さんはというと、
泥団子を固くしたい!という想いの子も。
 
私も一緒になって夢中で作りました!
子どもたちとピカピカの泥団子について話しながら。
「えー!やってみたい!」
「これがピカピカになると??」
夢が生まれる瞬間っていいですね。
夢と呼ぶには小さな目標かも知れませんが…
子どもたちの作ってみたい!!という想いを強く感じました。
 
何度も壊しては作り・・・修行中です。
 

憧れる気持ち

2018-10-19
今日は年長が「YOSAKOIさせぼ祭り」のキッズタイムで踊ってきました。
 
その出発直前に年長が年少・中に踊って見せてくれました。
引き締まった表情、揃った動き、大きな声に圧倒されながらも、
年中、年少の子どもたちも真剣に見つめている姿がありました。
 
「憧れる」という言葉がぴったりな様子で、
終わった後には子どもたちからも自然と拍手がありました。
 
この憧れる気持ちが次の原動力になります。
あんな風にかっこよくなりたい!
自分もやってみたい!
子どもたちの中から生まれてくる気持ちをしっかりつかめるようにしていきたいです。
 
年長さん、最高にかっこよかったです!!!

秋探し~年少~

2018-10-17
今日は年少さんの園外保育についていきました。
秋を探しにの~んびりともみじが丘公園へ。
 
カメラを向けても、
「とったどんぐり見せて!」と言っても、
なかなか顔を上げてくれないくらい集中してどんぐりを拾っている姿がありました。
一通りどんぐりを拾うと、次は赤や黄色に色づいた葉っぱ拾い。
大人が気付かないようなところから色々な形の葉っぱを見つけてきては教えに来てくれました。
 
いつもとは違う環境の中で、新しいものに触れることを楽しんだり、
青いお空の屋根の下、クラスの垣根を越えて一緒に遊び、新しい友達の魅力に触れたり…
ほんの数時間でしたが、とても充実した時間でした。
 
★この公園どんぐりたくさん落ちてるよ!遊具が子ども向けで思いっきり遊べるよ!など、
オススメの公園情報がありましたら教えてください!
 

お絵かき

2018-10-16
園庭で遊ぶことが多い子どもたち。
外遊びに何か新しいものを出したいな~と思っていたところ、
「先生、絵描きたい!」と数人の女の子たちに言われました。
 
そんなこともあり、前からやってみたかったという個人的な思いもあり、
黒板塗料を使ってお絵かきスペースづくり。
 
何とか完成させて出してみると、何人も遊びに来てくれました!
 
様子を見ていると、
「ねぇ、見て!これ何かいたでしょ!」
「私の名前かける?こう書くとよ!」
「あっ!俺の迷路とつなげようぜ!」
と、絵を友達と一緒に楽しむ様子が見られました。
 
自由画帳に一人で絵を描くのとはちょっと違う楽しさ。
間違えたって気にしない。
むしろ間違えてそこから友達と何に見えるのか考えて、楽しい。
子どもの頃にコンクリの地面に白い石で落書き?したのを思い出しました。
 
文字もたくさん!
名前を書けるのを友達に見せるのが嬉しいといった様子もありました。
こういうところから自然と文字への興味が生まれていくのかなぁ…。
 
幼稚園でも「絵を描く」機会はたくさんあります。
上手に描ける、個性的な表現ができるという事と同じくらい、
自由に友達とのびのび描ける機会って大事だなと感じました。
TOPへ戻る