201409081326045058.jpg
学校法人有浦学園
〒857-0040
長崎県佐世保市比良町20-7
TEL.0956-22-9084
 

さつき子ども日誌

 

さつき子ども日誌

さつき子ども日誌
 
やっと梅雨入りしたみたいですね!個人的には嬉しいわけではないのですが…。
雨が好きって人もいますよね。
保育という仕事をしているからか「雨だからお部屋に入ろうね」という言葉に引っかかりを感じるようになってきました。
濡れるし、着替えなきゃいけないし、風邪ひきそうだし…とは思うものの、子どもの頃は雨を感じながら濡れて遊ぶのも楽しかったなぁなんて思い出します。雨から季節を感じるような素朴な姿も大事にしていきたいなとこの時期はいつも思います。
 
 
「さつき子ども日誌」では、子どもたちと一緒に遊びながら、
子どもたちの目に映るワクワクや、
「やってみよう」「不思議だな」と目を輝かせている瞬間をお伝えしたいと思っています。
時間があるときに覗いてみてくださいね!感想をお聞かせいただけたら嬉しいです。
 
副園長 国府田わたる
 
フォーム
 
サイエンス!
2019-06-26
年長組でプラネタリウムを見に”星きらら”に行ってきました。
個人的に一番面白かったのはサイエンス教室!を見ている子どもたち。
内容は「空気」について。
ボーリングのボールを筒に入れて掃除機で吸い上げたり、空気砲を触ったみたり…。
 
「え?なんでボーリングの持ち上がると!?」
「(空気砲の)煙の輪っかの回っとる!なんで!?」
と、疑問がたくさん。
 
「めっちゃ強い空気で引っ張りよるっちゃない?」
「いや、下の穴から空気で持ち上げとるとって!」
「空気が台風の強い風になったっちゃない?」
と、考えてみる。
 
実は今「科学する心」というものが注目されています。
SONYでは子どもの事例コンテストがあったりもします。([ソニー 科学する心]で検索!)
 
「なんでこうなるんだろう?」と疑問を持って、
それを自分なりに解き明かしていこうとする姿は遊びの中でもよく見られます。
前に書いた水遊びの事も、風を捕まえようとしていた事も、
理屈で理解することは難しくても、感覚的に子どもたちは”科学”しています。
 
そんな意味でもすごく面白い機会になりました。
 
 
 
水で遊ぶ
2019-06-21
場面的には「パンツ軍団」と同じ時ですが、ちょっと別視点から。
 
水遊びが大好きな子たち。
水を出しっぱなしにしたり、服がびしょびしょになったり…大人目線だと「うっ…」と思う事もありますね。
 
でもこれ、決して無駄な事ではないんです。
水遊びの中で、子どもたちはすごくたーーーーくさんのことを学んでいます。
よく言われるのは量の感覚。
「水を入れ過ぎると重い」「ちょっとしか入れないと足りない」「満タン入れるとこぼれる」
遊びの中で繰り返すことで感覚的に覚えます。
最初は水を出しっぱなしの子たちも、繰り返すことで水を止めるようになります。
これは「もったいないから止めなさい」と指導されたからではありません。
「(自分が必要としている水の量は)これくらいでOK」と思うから水を止めます。
 
これ、大人が指導して身に着けさせようとしてもなかなか大変。
「もう、また出しっぱなし!」なんてことばかり。
 
子どもたちは遊びの中で学びます。
でもそれには繰り返し、何度も楽しむこと。
それを保証してくれることが必要です。
 
また今日も砂場の水道には子どもがたくさん。
思い切り楽しんで欲しいです。
 
パンツ軍団
2019-06-21
外遊びに出ていくパンツ軍団がたくさん…
何事かと思ったら砂場で思い切り遊ぶそうで、
全員ズボンを脱いで、裸足のままウキウキして砂場に向かっていくところでした。
 
砂場が人でパンパンになってる様子に最初は心配しましたが、
砂がかかっても水がかかってもへっちゃらな子ばかり。
 
人との共感で育つことってたくさんあると思うのですが、言葉を使ったつながり、会話ができることを考えてしまいがち。
でもこの日の年少さんを見ていると、人と共感することってそんなに難しいことじゃないんだなと思いました。
水が入ったたらいに友達と足を突っ込んでみる。「冷たーい!!」
砂山に一生懸命穴を掘って、中で友達の手と触れる。
みんなで砂の中に手を埋めてみる。
 
「一緒にやって楽しかったね」「あれ、面白かったよね」
 
そんな思いをたくさん感じられる経験って素敵だなと思いました。
 
子ども日誌、記念の50回目の記事でした。
 
ちびっこday
2019-06-21
この日は今年度2回目のちびっこday(サークル遊び)でした。
さつき幼稚園では子育て支援の一環として、未就園児とその保護者の方に遊びに来てもらう日を設けています。
遊びの企画を提供させてもらうサークル遊びが月に2回程。
自由に園庭で遊んでいただける園庭開放が月に5~10日程。
 
この日はシャボン玉遊びをしました!
保護者の方にはシャボン玉の液作りも体験してもらいました。
意外と簡単。
< 500mlのペットボトル1本分 >
・水(精製水・一度沸騰させて冷ました水)400ml
・食器用洗剤(界面活性剤30%以上)50ml ・洗濯のり50ml
・グラニュー糖(砂糖)大さじ1
これを混ぜるだけ。
 
子どもたちに一番人気だったのはうちわを使ったシャボン玉遊び!
うちわの骨組みにシャボン玉液につけて振ると、思っている以上にたくさんシャボン玉ができました!
一生懸命パタパタしている子どもたちがすごく可愛かった…。
 
そして小さい子どもたちなりに考えていました。
強くうちわを振ると出るのか、液をたくさんつけると出るのか、お母さんがやるから出るのか…
 
探求する心が小さい頃から磨かれているのを見ると、それだけで感動です。
 
あと担当職員のアイディアに脱帽だったのは、身長体重計測!
意外とちゃんと測る機会って少ない…という事で何気に人気でした。
 
7月は5日(金)と9日(火)にサークル遊びを予定しています。
お子様だけではなく、保護者の方々にも楽しんでいただけるようなワークショップ的な企画も考えています。
お子様の様子を見ながらお母さんたちの子育て事情を聴く…こちらも勉強させていただいています。
興味のある方は遊びに来てみてくださいね!
 
プロ
2019-06-13
先日、佐世保市の交通指導員の方が来てくれて、交通安全教室がありました。
 
さつきの先生たちも劇をしたり、伝わりやすいように「演じる」ことがありますが、
来てくれた3人のお姉さんたちはまさにプロ!
子どもたちはすごく集中して聞いていました。夢中になっていました。
 
最近幼稚園児や小学生が道路や公園で事故に巻き込まれる事故が多発しています。
さつきは園庭が広いことと、近くに広い公園や野遊びができる場所が少ないため、
園外保育に歩いて行くことが多くないですが今まで以上に気をつけていかなければと感じています。
 
そう思うと子どもたちと横断歩道を渡る機会ってそんなにないな…とか、
信号について学ぶ機会って少ないなぁ…とか、感じる事もありました。
 
外部の人の考え方に触れたり、話を聞いたりすることって大切だなと。
子ども向けではありましたが、大人も考えさせられる機会になりました。
<<学校法人有浦学園>> 〒857-0040 長崎県佐世保市比良町20-7 TEL:0956-22-9084